2015年7月5日VespaGP第3戦

投稿者: VespaGP   投稿日: 2015年7月12日 日曜日

            

7月5日(日)茂原ツインサーキット主催の「MOBARA MOTO WEST GP」内でVespaGPを開催いたしました。
場所はVespaGPでは4回目の茂原ツインサーキットの西コース。
レースはスプリント形式。
天候は梅雨の真只中とあって1日中雨となりました。
もちろん路面も完全ウェット。
水溜りが出来るほどなので走行するまでかなり気分が乗らない状態でした。

 

レースの参加台数は14台エントリー。
決勝は1名トラブルがあり13台のバトルとなりました。

 

 

 

 

今回レンタル3号車を借りて参戦をすることになった佐藤守孝選手。
佐藤守孝選手は本年度から参戦し始めた佐藤充弘選手の弟さん。
お兄さんの影響なのか出てみたくなったので誘っちゃいました!

 

よーく見たら第2戦の佐藤充弘選手が小野寺選手に教わっている画像と
同じポジションのような・・・・!?
やさしくサポートしてくれております。

 

 

 

 

雨がひどく降っているので走る以外はほぼテントに入りっぱなし。
そんな待ち時間も楽しくみんなで過ごしました。
カッパを着て走行が可能なので藤井選手はカッパがバタつかないようテーピング。
プラス前張りテーピング!?
遊びごごろ満載です!

 

 

 

 

練習走行と予選が終わり決勝(12周)。
決勝スタートは予選タイムの結果よりレギュラーグリッドはリバースグリッド形式。
そしてエキスパートグリッド(昨年シリーズランク1・2・3位者&第2戦1・2・3位者)は30秒遅れスタートとなりました。

 

 

 

 

フォーメンションラップ中にエンジンストップの小野寺選手。
今回残念な思いをしましたが次戦期待しております!

 

 

 

 

決勝スタート!
しかし完全ウェットなので慎重なスタートとなりました。

 

 

 

 

30秒遅れのエキスパートグリッドのスタート。
このグループは通常スタートより1秒~3秒はラップタイムが早いのでどこまで追い上げれるか!?
スタートも気合が入ってました。

 

 

 

 

1~2周目にして転倒者続出!
庭田・川島・そして牧野選手まで・・・・!
路面のがウェットでタイヤが暖まらないのが原因でスリップダウンをしてしまった感じです。
本当、1~2周はタイヤが暖まるまでいつもハラハラドキドキです。

 

 

 

 

エキスパートグリッドスタート組は牧野選手が離脱して
中盤まで激戦でした。宮地・平山・菊地選手が南選手をパスしていき
そしてレース後半、平山選手がマシントラブル。
宮地・菊地選手がそのまま上がっていく感じになりました。

 

 

 

 

レギュラーグリッドでトップを走り続けたのは吉岡選手。
雨の中自分のペースを守り抜き安定した走りを見せていただきました。

 

 

 

 

表彰式。
雨の為、サーキットのレストランの中で行われました。

 

1位 吉岡選手
2位 宮地選手
3位 菊地信康選手

 

ブービー賞 川島選手
特別賞(関選手贈呈) 佐藤守孝選手(10位)

 

吉岡選手、優勝おめでとうございます。
VespaGP参戦してから初の1位獲得となりました。
今期これからも表彰台に乗れるよう頑張ってください。

 

8月2日の第4戦 日光サーキットでは第3戦の上位3名はルールにより
ウェイトハンデとして10kgのおもりを搭載します。
さらにエキスパートグリッドに入りタイム遅れスタートとなります。
(第2戦3位の安東選手もエキスパートグリッドになります。)

 

レギュラーグリッドの参加者は表彰台登れる率が上がります。
そして、エキスパートグリッドでは熾烈な戦いが待ち受けています。
第4戦もVespaGPメンバー共々楽しんでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

今回もスポンサー様やサポーターの方々、ご協力ありがとうございました。 今後もご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

※ 2015年7月5日 VespaGP第3戦 
開催場所:茂原ツインサーキット(WESTコース)
天候:雨
参加台数 14台
参加人数 14人
Fastest Lap : 菊地信康 44.804

 

2015年5月17日VespaGP第2戦

投稿者: VespaGP   投稿日: 2015年5月31日 日曜日

            

5月17日(日)レン耐でおなじみのtakuma-gp内でVespaGPを開催いたしました。
場所はVespaGPでは2回目の筑波サーキット1000。
レースはスプリント形式。
天候は1週間前はあまり良くない予報ですが、当日は晴天になりました。

 

レースの参加台数は15台エントリー。
当日は1人欠場となり14台のバトルとなりました。

 

 

 

 

今回から参戦をすることになった佐藤選手。
バスパに乗り始めて数か月、そしてベスパ初サーキット。
分からないことだらけですが、VespaGPメンバーがやさしくサポートしてくれて
当日のレースを楽しくしてくれます。

 

 

 

 

今シーズンはもう1人仲間が増えました。
ナント関西方面から参戦してきた川島選手。
マシンの仕上がりが美しい!これから一緒に楽しんで行きましょう。

 

 

 

 

練習走行と予選が終わり決勝(12周)。
決勝スタートは予選タイムの結果よりレギュラーグリッドはリバースグリッド形式。
そしてエキスパートグリッド(昨年シリーズランク1・2・3位者)は30秒遅れスタートとなりました。

 

 

 

 

レース中盤、レギュラースタートのトップ争いはゼッケン23の宮地選手と36の南選手。
抜き差しバトルが見ている側も楽しめました。

 

 

 

 

中盤グループも熾烈なバトルがあり!
そして混戦!
リバースグリッド形式スタートは乗っている側も見ている側もレースを楽しませてくれます。

 

 

 

 

エキスパートグリッドは30秒のハンデを背負いながら怒涛のごとく追い上げて追い抜いていきます。
平山選手、気づけば4位の位置まで順位上がってます。さすが昨年度のシリーズチャンプです!

 

 

 

 

レース終了。
トップでチェッカーを受けた宮地選手。南選手と最後までバトルを繰り広げていました。
観客からも拍手喝さい。楽しいレース展開となりました。

 

 

 

 

表彰式。

 

1位 宮地選手
2位 南選手
3位 安東選手
4位 平山選手
5位 牧野選手
6位 菊地栄治選手

 

宮地選手、優勝おめでとうございます。
今期のシリーズチャンピオンを目指して今期頑張ってください。

 

7月5日の第3戦 茂原ツインサーキット(ショート西)では第2戦の上位3名はルールにより
ウェイトハンデとして10kgのおもりを搭載します。
さらにエキスパートグリッドに入りタイム遅れスタートとなります。

 

レギュラーグリッドの参加者は表彰台登れる率が上がります。
そして、エキスパートグリッドでは熾烈な戦いが待ち受けています。
第3戦もVespaGPメンバー共々楽しんでいきますのでよろしくお願いいたします。

 

 

今回もスポンサー様やサポーターの方々、ご協力ありがとうございました。 今後もご協力よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

※ 2015年5月17日 VespaGP第2戦 
開催場所:筑波サーキット1000
天候:晴れ
参加台数 14台
参加人数 14人

 

2015年3月15日VespaGP第1戦(開幕戦)

投稿者: VespaGP   投稿日: 2015年3月30日 月曜日

            

3月15日(日)今年初戦となるVespaGP開幕戦がサーキット秋ヶ瀬で行われました。
天気予報は2日前は雨の予報でした。
しかし、当日ナント晴れてしまいました!
今年のVespaGPもなんだか楽しい1年になりそうです。

 

 

 

 

今年は開幕第1戦からナント耐久というレース形式にて開催。
組み合わせは事務局にて厳選して行われました。

 

 

 

 

VespaGPをサポートや応援して頂いている方々から差し入れを頂きました。
いつもおいしい差し入れありがとうございます。

 

 

 

 

レースが行われた時間は18;00~10分まで練習走行。
18:30から90分の決勝耐久がスタート。

 

 

 

 

今回の耐久レースはルールを少し設けて参加者が楽しめるようにしました。
はじめてチェックテーブルを設けて管理をして交代最低回数を決めたりルールを
守れなかったチームは周回数減算されたり。
各チーム頭脳プレイをしており見ているほうも楽しめました。

 

 

 

 

そして90分の耐久はVespaGP始まって以来のロングタイム。
燃料補給のタイミングも勝敗につながります。
小野寺&吉岡チームは今回関西で行われる「ルーツザ原チャリ」に参戦。
今回75ccの小排気量で参戦ですが本番を想定して色々な要領を考えておりました。
なんだか楽しそう!

 

 

 

 

レースのスピードレンジは見ているほうはスプリントと変わらない迫力!
いや~90分いつ見ていても楽しめました。

 

 

 

 

今回の目を引く走りを見せたチームは庭田&牧野チーム。
交代回数やタイミングが絶妙に良かった!
そして転倒なしが勝敗を分けたのだと思います。

 

 

 

 

レース終了。
ピットに戻るとみんな笑顔で盛り上がります。
その時にみんなで集まって集合写真を撮りました。
全員仲が良いのがいつも不思議な気がします。
参戦してても見ていていても気持ちい良いです。

 

 

 

 

90分の耐久レースの結果の周回数です。
1位と2位の差はたった1周。
転倒1回が足を引っ張ったか?
参加者皆さんもよく走りました。
この周回数からルールを守れなかったチームは減算になります。

 

今回の減算チームが2チーム。
チーム番号8の南&川嶋チームとチーム番号1藤井&木村チーム
電光掲示板の3位と4位が交代回数が少なかった為、
15週減算になり大きく順位が変わります。

 

 

 

 

表彰式。

 

1位 庭田&牧野選手
2位 宮地&関 選手
3位 安納&中村選手
ブービ賞 四分一&熱田選手

 

もちろん今回の耐久レースもシリーズポイントが付きます。
今年のシリーズチャンピオンは誰の手に・・・・?

 

5月17日(日)に行われる第2戦の筑波サーキット1000からスプリントレース
になります。
行く末が楽しみになります。

 

 

今回もスポンサー様やサポーターの方々、ご協力ありがとうございました。
今後もご協力よろしくお願いいたします。

 

2014 VespaGP第5戦(最終戦)リポート!

投稿者: VespaGP   投稿日: 2014年12月2日 火曜日

            

11月16日の日曜日。
場所はサーキット秋ヶ瀬にて夕方2時間借り切ってVespaGPを行いました。
季節的に日がおちるのが早いのでナイトレース。
夕方のレースは一日がゆっくりできるので気分的にラクです。

 

今回のレースが今年最後の戦いになります。
年間のシリーズランキングもここで決まります。

 

 

 

 

レース形式はリーバースグリッド&レディース1周ハンデで行いました。
今回通常スタートとタイム遅れスタートが25~30秒の差があるのでちゃんと頑張れば表彰台に
乗れる可能性がかなりあります。
今回も参加者ライダー気合入ってました!

 

 

 

 

エキスパートグリッドはポイントランキングがかかった戦い。
南選手と平山選手は通常組のスタートでしたが、フェアーにポイント争いを
したい為エキスパートグリッドに参加。
戦って勝利を得るこの精神がかっこよい!

 

 

 

 

最終戦のトップ争い。
ゼッケン2の庭田選手とゼッケン1の藤井選手。
ファイナルラップまで庭田選手がトップを守るものの1コーナーで痛恨のミス。
藤井選手に軍配があがった。

 

 

 

 

表彰式
1位 藤井選手
2位 庭田選手
3位 平山選手

 

藤井選手と庭田選手、久々の表彰台で嬉しそうです!
秒遅れのスタートだった平山選手が3位に入賞。
今回も工藤ちゃんになってます。

 

 

 

 

2014年シリーズ表彰。
新チャンピオンが決定しました。
1位 平山選手 43.5ポイント
2位 牧野選手 37ポイント
3位 菊地選手 36ポイント

 

VespaGP始まって以来初のチャンピオンの交代。
来年からのVespaGPのポイント争いが激化しそうです。

 

 

1年間、協賛・応援やサポートしていただきましてありがとうございました。
来年もVespaGPが盛り上げられますよう頑張りたいと思います。
またその際はご協力お願いいたします。

 

2014 VespaGP第4戦リポート!

投稿者: VespaGP   投稿日: 2014年11月30日 日曜日

            

9月21日の日曜日。
今回もレン耐でおなじみのtakuma-gp内で行いました。
場所はVespaGP初の走行となる筑波サーキット1000。
初となる場所なので参加者たちも気合が入っておりました。

 

せっかくなのでブースもかっこよく仕上げることにしました。
[BUSINESS ART]様のご協力によりトラスを組んでいただきました。
(ありがとうございます。)
レッドカーペットを引いてとても華やか!!

 

レースの方は参加台数は15台エントリー。
熱いバトルをバトルを繰り広げました!

 

 

 

 

レースの形式はリバースグリット方式。
通常のレギュラーグリッドのスタートは10台のスタートです。
上位で今回表彰台乗れる確率は100%に近いので気合入りまくりの走りをしておりました!

 

 

 

 

エキスパートグリッドのスタート
こちらは、ナント40秒遅れのスタート!
表彰台は狙えないもののシリーズポイントをいかに多く獲得するかでバトルを繰り広げしました。

 

 

 

 

後半、トップに中村選手が逃げ切りに入り
そして、2番手争いでゼッケン8の安東選手とゼッケン92の吉岡選手のバトル。
見ごたえありました!

 

 

 

 

表彰式
1位 中村選手
2位 吉岡選手
3位 安東選手

 

吉岡選手は初の表彰台で超嬉しそう!
中盤クラスが表彰台に乗れるのもVespaGPの良いところです。

 

4位・5位・6位まで表彰して頂きました。
青木琢磨さん、ありがとうございました。

 

つぎの第5戦は最終戦。
年間チャンピオンは誰の手に?????

 

2014 VespaGP第3戦リポート!

投稿者: VespaGP   投稿日: 2014年7月20日 日曜日

            

6月29日の日曜日。
レン耐でおなじみのtakuma-gp内で行いました。
場所は1年ぶりの茂原ツインサーキット。
参加台数も15台エントリーでバトルを繰り広げた!

 

 

 

 

天気は前日から降るか降らないかのビミョーな天気。
現地に着いたら雨も上がってきましたが、完全ウェット路面。
参加者のテンションが上がらない雰囲気です。
しかし、運が良いのか練習走行と予選タイムアタックでは雨が降らずラッキー!
路面まで乾いてきちゃいました。
タイムも上がってきて皆さんテンションが急上昇!
しかし、決勝15分前スコールのような雨がふって路面は完全ウェット。
決勝1分前には上がってくれましたが・・・。

 

 

 

 

決勝は12周。
決勝グリッドは最前列に今回レディースグリッドを設けました。
琢磨さんがこんなに近くに・・・! うれしい一時です。

 

 

 

 

レディースグリッドがスタートして10秒遅れてスタンダードグリッド組がスタートとなりました。
こちらのグリッドはもちろん予選タイムをもとにリバースグリッドになります。
ウェット路面なのでかなり慎重です!

 

 

 

 

さらに15秒遅れてエキスパートグリッドがスタート!
ウェットなのにのっけからハイペースです。(さすが!)

 

 

 

 

レース終盤、エキスパートグリッドからスタートした宮地選手がトップに!
悲願の優勝となりました。

 

 

 

 

表彰式。
今回ウェット路面とあって経験の高いエキスパートグリッドからのメンバーが表彰されました。
速すぎです!(今回も工藤ちゃん登場!)
次回はハンデキャップがかなり課せられますのでスタンダードグリッドの方たちは
表彰台チャンスです!

 

 

 

 

ブービー賞は
曽我部選手が表彰されました。
女性陣もライディングがうまくなってきてます。
ガッツは男性よりも上かも!?

 

 

 

 

そして特別賞。
琢磨さんがイタリア土産をわざわざ用意してくれました。
じゃんけん大会をして勝者に残ったのは、安東選手。
おめでとうございます。

 

 

無事おおきな怪我もなくみんなで楽しく盛り上がれました。
お手伝い頂いた方々本当にいつも助かってます。(ありがとうございます!)
サマーシーズンはVespaGPのレースはお休みです。
涼しくなる9月21日にVespaGP初となる筑波サーキット(1000)にて行われます。
どんな展開になるかいまから非常に楽しみです。

 

2014 VespaGP第2戦リポート!

投稿者: VespaGP   投稿日: 2014年7月14日 月曜日

            

5月18日の日曜日。
場所はサーキット秋ヶ瀬にて夕方2時間借り切ってVespaGPを行いました。
天気はナント!VespaGPの耐久レース始まって以来の晴れとなりました。

 

VespaGPのシリーズ第2戦は、年1回行われる耐久レース。
ペアライダーの組み合わせは事務局で厳正に組み合わせを行いました。

 

 

 

 

参加チームは8チーム。
どのチームも優勝できる可能性があります。
1時間の耐久レースがスタート!

 

 

 

 

各チーム色々戦略を練って交代タイミングや回数を調整して走行しています。
しかし、今まで耐久レースでドライの路面を体験していないのでクラッチへの
負担やタイヤの使い過ぎによって転倒など今まで経験したことのないことが
起こってます。

 

 

 

 

1時間耐久が終わりの一コマ。
みんな笑顔で和気藹々としています。
Vespaに乗って楽しく走る、そしてみんなで会話して楽しむ。
これこそVespaGPの良いところです!

 

 

 

 

表彰式。
1位 安東&菊地ペア
2位 関&牧野ペア
3位 四分一&佐藤ペア
転倒なく、タイムが安定して車両への負担を軽減したチームが上位を占めました。

 

今回の順位はもちろんシリーズポイントに加算されます。
これでポイント順位も変わってくるので中盤戦次第では上位に組み込める可能性も!!

 

第3戦の茂原サーキットが楽しみです。

 

2014 VespaGP第1戦リポート!(開幕戦)

投稿者: VespaGP   投稿日: 2014年3月30日 日曜日

            

3月23日の日曜日。
天気は晴天で桜が咲きそうな気温まで上昇。
レース開幕戦としては最高の1日となりました。

 

VespaGP第1戦はサーキット秋ヶ瀬にてモトチャンプ杯/Daijiro-cupと併催で行われました。
この日は3連休の最終日とあって参加者が多く15カテゴリーのレースとなりました。

 

 

 

今回の参加台数は15台。
急遽これなくなってしまった参加者には申し訳ないですが、今回も楽しかったです!
予選・決勝の間など時間がかなりあまってしまいますが、みんな仲間なので退屈がなく
楽しめる1日を過ごしました。

 

 

 

今年からベスパに目覚めたライダーが1名増えました。
福沢選手はこの日初めてのベスパライド。ゼッケン5を借りて参戦しました。
ベスパの印象を聞いたところ「分からないけど面白い」とのこと。
それを操ろうとすることがベスパの楽しみだと体で分かってきてると思います。

 

 

 

ゼッケン92の吉岡選手は今年から自分の仕上げたベスパにて参戦。
緊張感バリバリです!

 

 

 

今年のレース初戦はスタート形式をローリングスタート方式を採用しました。
安全で楽しくレースが出来るように今後も色々変更を行いながら楽しみたいと思います。

 

ローリングスタートももちろんリバースグリッド順になります。

 

 

 

そして2013年度シリーズ1・2・3位は1度停止して10秒後再スタートとちょっと酷なハンデが
課せられました。
しかし、カウントミスで6秒遅れになってしまいましたがまぁ、そこは良しとしましょう。(VespaGP流)

 

 

 

レース序盤から気合をいれて後方から抜いていくのは、ゼッケン74平山選手&ゼッケン36南選手。
この2人の初戦に掛ける気合は一味違います。特に平山選手は何かをたくらんでいる様な・・・・?

 

 

 

タイム遅れのセカンドグリッドのゼッケン7牧野選手とゼッケン13菊地信康選手もバトりながら追い上げてきます。

 

 

 

後方では各所バトルが繰り広げられました。
見ごたえあった所は、小野寺選手と渋谷選手のバトル。
勝者はなんと渋谷選手。
小野寺選手は悔しいシリーズスタートとなりました。

 

 

 

宮地選手と四分一選手の最終周の最終コーナーのバトルもすごかった。
宮地選手が仕掛けて抜き去りました。

 

 

 

無事にレースが終わりました。
各々バトルを楽しんでご満悦です。意外と順位は気にしていないのがVespaGPの良いところ。
これからのモータースポーツの原点な気がします。

 

 

 

表彰式
1位 平山選手(Team MOTORACING+B☆1)
2位 南 選手(Team SHIRAI-VESPA)
3位 牧野選手 (Team VESPA CLUB + KANAGAWA)
おめでとうございます!
第3戦のスプリントレースは上位3名はタイム遅れスタート&10kgウェイトハンデが課せられます。

 

4位 菊地信康選手 (COMPLETE LOOK)
5位 菊地栄治選手 (EURO)
6位 吉岡選手 (河名 スウィート レーシング )
ブービー賞 小野寺選手 (河名 スウィート レーシング )

 

 

 

表彰の際、平山選手の姿が工藤ちゃんになっていることに盛り上がりました。(これを企んでいたんですね!)
表彰後子供たちに絡まれてます!

 

無事怪我も無く楽しめた1日になりました。
ご協賛頂いたスポンサー様や差し入れを入れていただいた応援者様、写真などお手伝い頂いた方々ありがとうございました。
次戦は5月18日耐久レースとなります。
詳細は後にアップしていきますのでお楽しみに!

 

VespaGP第5戦リポート!(最終戦)

投稿者: VespaGP   投稿日: 2013年12月15日 日曜日

            

11月24日の日曜日
この日はロング袖にTシャツですごせるぐらい暖かくすごしやすい1日でした。

 

今回も青木琢磨さんの力を借りて琢磨さんの行っているイベント「takuma-gp」の中で1カテゴリーで
スプリントレースを組んで頂きました。
場所はサーキット秋ヶ瀬。ホームコースです。

 

ポケバイのバンビーノ&スペランツァクラスも同時開催。
子供たちの熱い走りも観戦できました!

 

 

今回は参加者15名に加えて1名モトナビの編集長がゲスト出演。
VespaGPクラスは今期最終戦とあって参加者気合満々!
気合が入りすぎて1名スタート直後に転倒。一時中断して再スタートとなりました。

 

 

今回のスタートは3グリッドに分けてました。
レディースグリッド
リバースグリッド(通常組)
エキスパートグリッド(上位入賞者)

 

レディースグリッドがまずスタート。
このクラスはハンデがあり、週回数が1周減算でレースが行われました。

 

 

10秒遅れてリバースグリッド(通常組)がスタート。
1コーナーに向けて熾烈なバトルが繰り広げられます。

 

 

そしてさらに10秒遅れてエキスパートグリッド(上位入賞者)がスタート。
バトルをしながら追い上げてきます。

 

 

リバースグリッド(通常組)の2コーナーでは今回久しぶりの参戦のゼッケン19の新垣選手が先頭。
負けじとみんな付いていきます。

 

 

新垣選手は1年以上のブランクがあっても走りに切れがあります。さすがプロです。
しかし、最終戦好調のゼッケン14の菊地選手。ロックオンしております。

 

 

レース中盤菊地選手が仕掛けてトップに浮上。
絶好調だけにそのままチェッカーまで逃げ切りました。

 

 

ゼッケン66の渋谷選手。
男性には及ばないタイムですが、レディースグリッドスタートで1周減算のルールにより
表彰台が近くなった為かグイグイタイムが良くなってきています。
なんと、ファイナルラップで新垣選手が追い抜けず2位になりました。

 

 

表彰式。
1位 菊地選手(Team COMPLETELOOK)
2位 渋谷選手(Team KAWANA SWEET RACING)
3位 新垣選手 (Team VESPA CLUB TOKYO + 虎の穴)
久しぶりや初めての方が表彰台。これぞVespaGPです!

 

 

ブービー賞は、曽我部選手。
青木琢磨さんから直々の手渡しです。
(今回のVespaGPには元世界グランプリライダーが2名もいた事に!・・・これって結構すごいことです。)

 

 

今回最終戦を終えて年間シリーズポイントが確定。
2013年度シリーズ表彰を行いました。
1位 牧野選手 56ポイント
2位 菊地選手 55ポイント
3位 宮地選手 47ポイント
1ポイント差で今年も牧野選手が王者の座を守りきりました。
来年は必ず誰が引きずりおろせるか、それとも守り抜けるか乞うご期待です。

 

今回シリーズ表彰の為にCOMPLETELOOK様からウェアを提供して頂きました。
いつもご協力ありがとうございます。

 

2014年度のVespaGPも楽しくスタイリッシュで華やかにいきたいと思います。

 

VespaGP第4戦リポート!

投稿者: VespaGP   投稿日: 2013年10月20日 日曜日

            

10月6日の日曜日。
前日の天候は雨で日曜の天気予報も午前中も雨かも知れないという怪しい感じでしたが、
当日は朝のうちチョット霧雨で天気が持ち返し、曇りのち晴れとなりました。

 

気温もちょうど良くレース日和となりました。

 

今回も青木琢磨さんの力を借りて琢磨さんの行っているイベント「takuma-gp」の中で1カテゴリーで
スプリントレースを組んで頂きました。
場所は桶川スポーツランド。初ステージです!

 

 

 

 

VespaGPブースは今年開催の中で一番派手に!!!!!

 

スポンサーのビジネスアート様のお力によりイベントブースなどに使用されるアングルを
VespaGPブースに設置して頂きました。
レースのピットスペースがとっても華やかになりました。
展示会場に来ている見たいでとってもカッコ良かったです。
(ご協力ありがとうございました。スタッフ・参加者一同お礼申し上げます。)
株式会社 ビジネスアート ホームページ

 

 

 

 

今回のポケバイクラスのレースはTakuma-gpの主催ということで今回は入賞者へ図書券の協賛を致しました。
その中でバンビーノクラスはVespa-GPが作り上げたポケバイ初心者クラス。
これから2輪モータースポーツ界を盛り上げてくれる人材をVespaGPは応援したいと思います!

 

 

 

 

レース参加台数はVespaGP始まっていたいの台数、19台がエントリー(のち出走18台)
あと数台で20台越えになりそう!!!
VespaGPレースを見てるギャラリーがバトルを楽しめるぐらい見ごたえがあります。

 

決勝グリッドはもちろんリバースグリッド制。
予選タイムアタックでタイムが遅い順にグリッドに並んでいきます。
今回は、女性ライダー優遇としてスタートグリッドを1枠設けました。

 

 

 

 

決勝スタート!!!

 

まずはレディースグリッドがスタート。
渋谷選手と曽我部選手が全力で走行して行きます。

 

 

 

 

そして、30秒遅れて通常枠のグリッドがスタート。
11台が一斉にスタートしたベスパはさすがに迫力があります!
1コーナーを制したのはゼッケン6の小野寺選手。
今回カラーリングも変わり気合が入っております。

 

 

 

 

そしてさらに10秒遅れでウィナーグリッドがスタート。
昨年にシリーズ入賞者3名プラス第3戦入賞者がここからスタート。
第3戦入賞者の安東・菊地・平山選手はハンデ制により10Kgのウェイトを車輌に搭載。
ここから追い上げ壮絶バトルが繰り広げられます。

 

 

 

 

レースも中盤戦へ。
かなりの台数がいるので各コーナーで抜きつ抜かれつのバトルが繰り広げられております。
これは見ごたえがあります。
(走り応えもありました。)

 

 

 

 

レースも後半戦へ。
通常グリッドからのスタートでトップを走るのはゼッケン23の宮地選手。
今回ピットブースを製作していただいたビジネスアート様の代表。
実は、今回もこの日に行われたレンタル耐久(レン耐)をダブルエントリー。
かなりのタフガイです。

 

 

 

 

それを追いかけるはゼッケン36の南選手。
今回も名古屋からわざわざの遠征をしてきての参戦。
Vespaレースをこよなく愛しているのですね~!

 

 

 

 

3番手はゼッケン7の牧野選手。
5年連続のチャンプは今も健在。
南選手とのココまでの追い上げはすごい!速すぎです!

 

 

 

 

レースは12周で行われチェッカーを受けたのは
宮地選手。何とか逃げ切りを見せました。
続いて南・牧野と続きます。

 

 

 

 

レースが終わりくつろぐまでの一コマ。
VespaGPの良い所はレースが終わっても参加者みんながとっても笑顔。
その笑顔は走って楽しかったの証です。
VespaGPはそんな笑顔を大切にしていきたいと思います。
(林様、差し入れありがとうございました。)

 

 

 

 

表彰式。

 

表彰式はVespaGPのピットスペース前で華やかに行われました。
宮地選手は耐久参戦中でしたのでツナギのままでの表彰。
チョット疲れが見えているがテンションはうれしくてアゲアゲでした!

 

 

 

 

台数が多いので6位まで表彰が行われました。
そして賞品は琢磨さんの計らいで増量。ありがとうございました。
最後に青木琢磨さんと一緒に記念撮影。
みなさん入賞おめでとうございます。

 

 

 

 

今回もブービー賞が用意されました。

 

ゼッケン66の渋谷選手
毎回参戦するごとに走りの安定性良くなってきています。
そして車速も上がってきてますので男性人もボチボチ抜かされる方も出てくるかも。

 

 

 

 

レースも終わり最後にポケバイの子供たちも参加してもらっての記念撮影。
大人も子供もとても楽しめた一日になりました。

 

最後に写真を取ってくれたりブースを作ったりなど色々サポートしてくださった方、ありがとうございました。
皆様一人一人の力がVespaGPをここまでしてくださったのだと思っております
参加者一同感謝いたします。今後ともよろしくお願い致します。

 

 

次戦はVespaGP最終戦になります。
11月24日(日)
場所はサーキット秋ヶ瀬

 

詳しくは
下記のアドレスをチェック!
http://www.vespagp.com/schedule/